PR

 21世紀に起業した宇宙ベンチャー「ニュー・スペース」のトップを走っているのが、起業家のイーロン・マスクが2004年に興した米スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(Space Exploration Technologies)だ。同社は一般的に、「スペースX(SpaceX)」と呼ばれている。

 同社は現在の宇宙産業に大きな影響を与えている。特に同社が開発したロケット「ファルコン9」の第1段を2015年12月22日、史上初めて陸上着陸場へ逆噴射で軟着陸させて回収した意義は大きい(図1表1)。陸上に軟着陸できるようになれば、パラシュートを使って海面に軟着水させる回収方法と異なり、機体を海水に漬からせずに回収できる。これによって機体の小型化とともに、機体の回収・再利用によるコストダウンを図る宇宙ビジネスの道筋を開いたと言っていいだろう。

図1 無人船の甲板に着陸するファルコン9第1段
図1 無人船の甲板に着陸するファルコン9第1段
打ち上げ時に使うエンジンを着陸時にも使用し、グリッドフィンや着陸脚などの着陸専用装備は最小限となっている。(出所:SpaceX)
[画像のクリックで拡大表示]
表1 ファルコン9、分離後の第1段を使った回収実験の経緯
当初は、NASAなど比較的実験しやすい宇宙機関からの打ち上げで実験を開始。実績を積んで、主たる顧客となる静止軌道向け打ち上げ(GTO打ち上げ)カスタマーにも実験の実施を容認させていることが分かる。これだけの実地試験ができる環境を整備したのは、ファルコン9成功の大きな要因だ。(SpaceXの資料を基に松浦晋也が作成)
表1 ファルコン9、分離後の第1段を使った回収実験の経緯
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料