PR

 「当社グループの研究開発におけるシミュレーション計算のレベルは高く、これまでやれることはだいぶ実行してきた。それでも分からなかったことが分かる点で、データサイエンスに新鮮味を感じる人が多いだろう」と語るのは、三菱ケミカルホールディングス(HD)デジタルトランスフォーメーションGrチーフコンサルタント/データサイエンティストでマテリアルズ・インフォマティクスCoE(Center of Excellence)チームリーダーの磯村哲氏。同氏が所属するデジタルトランスフォーメーションGrは、データサイエンス、人工知能(AI)といった最新デジタル技術の応用普及を通して三菱ケミカルHDグループ全体の変革を推進する役割を担う。2017年4月に発足し、日本国内でも有数のデータサイエンティストが集まる*1

*1 2017年4月に先端技術・事業開発室が発足し、その中に3つあるチームの1つがデジタルトランスフォーメーションGr。リーダーのCDO(チーフデジタルオフィサー)で執行役員の岩野和生氏は日本IBMで東京基礎研究所所長などを歴任した。

 大手メーカーは、データサイエンスを今までにない新製品や新サービスを生み出す手段と捉えている。既存の開発手法では得られない知見が得られると期待しているのだ。

 ブリヂストンは、上級のデータサイエンティストが集結するデジタルソリューション本部を2017年1月に発足させた*2。「データサイエンスやAIを使って新しいソリューションビジネスに貢献するのがミッション」(同本部ソリューションAI開発部長の花塚泰史氏)。主力製品であるタイヤのデータを分析するアルゴリズムを開発し、ユーザーに代わってタイヤを管理するなどの新サービスを支える役割だ。

*2 発足時は「デジタルソリューションセンター」。