IoT(Internet of Things)の広がりによって、手に入れられるデータの種類は幅広くなり、収集できるデータ量も膨大になってきた。そのような状況の中、データに基づいて製造業の抱える課題を解決できるデータサイエンティストの重要性が高まってきている。ただし、データを基にものづくりの現場を変えていくには単なる数学的/統計的な分析能力だけでなく現場力が必要だ。「ものづくりデータサイエンティスト」の実像とその育成の現状に迫る。

イラスト:ゲッティ イメージズ
イラスト:ゲッティ イメージズ