[画像のクリックで拡大表示]

ものを繰り返し使ってごみを増やさない、生まれ変わらせて限りある資源を枯渇させない、自然界の物質に戻して地球環境を悪化させない。経済活動の永続を目指す循環型経済(サーキュラーエコノミー)へ価値転換が進み始めた。地中海の海洋プラスチックごみ問題を発端に消費者も企業も意識が大きく変化した。材料から製品を生産し、利用・消費後に廃棄・処分、という近代工業化以来の直線型経済は終焉を迎える。製造業はどう対応するべきか、チャンスにできるのか。ものづくり“循環革命”で設計・生産は大きく変わる。