全3324文字

 陸上競技のスパイクシューズは、東京オリンピックを契機に、その姿を変えるかもしれない。現在はソール(靴底)に金属ピンを取り付ける製品が主流だが、このピンを不要にするシューズが登場したのだ。ソールの素材にCFRP(炭素繊維強化プラスチック)*1を使う。形や高さの異なる六角形のハニカム構造を、ソール上にいくつも並べている(図1)。

図1 ピンの無い陸上シューズ
図1 ピンの無い陸上シューズ
ソール(靴底)を見た様子。桐生選手に提供した専用モデル(左)と、その基になったプロトタイプ(右)。形や高さの異なるハニカム構造がいくつも連続して並ぶ。(写真:日経ものづくり)
[画像のクリックで拡大表示]
*1 特殊な樹脂材料とカーボン繊維を用いたという。詳細は明らかにしていない。ただしカーボン繊維については、丸い断面の原糸について、薄く広げる「開繊(かいせん)」の工程を経たという。

 開発を進めるのは、陸上の桐生祥秀選手にスパイクを提供するアシックス。桐生選手がこの「ピンなしシューズ」を身に着け、東京オリンピックの舞台に立つ可能性もある*2

*2 アシックスはこのピンなしシューズを「次世代の陸上スプリントシューズ」とする。プロトタイプを2018年5月に発表した。桐生選手に提供したシューズは、このプロトタイプを基にしている。

「地面と人とのインタフェース」

図2 アシックスの谷口憲彦氏
図2 アシックスの谷口憲彦氏
同社スポーツ工学研究所フットウエア機能研究部デジタル設計技術開発チームマネジャー。(写真:日経ものづくり)

 陸上シューズの役割は、地面をきちんと捉えて、選手の走る力を余すことなく伝えることにある。「いわば地面と人とのインタフェース」─。同社スポーツ工学研究所デジタル設計技術開発チームマネジャーの谷口憲彦氏は、その設計思想をこのように語る(図2)。

 選手の足裏に注目すると、地面に大きく力を伝える部分と、そうでない部分がある。金属ピンは、この力を伝える部分だけに、必要な形のものを必要な数だけ取り付けることが理想だ。地面との摩擦を生み出しつつ、不要なピンを除くことで、軽くできるからだ。しかし、ピンの本数は簡単に増やせるものではなく、その位置や形状も、自由に変更しにくかった。

 そこで、ハニカム構造とソールを一体化した部品を、CFRPのプレス成形によって造った。このハニカムが地面を捉える役割を果たす。特徴的なのはその外観だ。足裏の指や踵、土踏まずといった位置によって、個々のハニカムの高さや形が異なる。金属ピンでは難しかったことだ。どのようにして、この構造に行き着いたのだろうか。