全1905文字
PR

ドイツ・ニュルンベルグで2019年11月26日〜28日に開かれた「SPS2019(Smart Production Solutions)」は欧州におけるファクトリーオートメーション(FA)関連の展示会。2019年の出展者数は1585でうち35%は海外勢が占め、6万3708人の来場者を集めた。注目展示を幾つか紹介する。

[画像のクリックで拡大表示]

防じん・防滴の産業用PCを展示 独ベッコフ

独ベッコフ・オートメーションはIP65/IP67規格に準拠し、防じん・防水性能が高い産業用PC「C7015」を展示した。亜鉛合金とアルミニウム合金のダイカスト部品によるきょう体で密閉構造を取る。LANやUSBに加え「EtherCAT P」ポートを備え、同社の「EtherCAT Box」を数珠つなぎで接続できる。(斉藤)

(写真:日経ものづくり)
(写真:日経ものづくり)
[画像のクリックで拡大表示]