写真:Synspective、背景画像:ゲッティイメージズ
写真:Synspective、背景画像:ゲッティイメージズ
[画像のクリックで拡大表示]

宇宙ビジネスが進化している。
電波の反射を利用する「合成開口レーダー」(SAR:Synthetic Aperture Radar)は、悪天候で雲がかかっていても、深夜で日が差さない場所でも地表を観測できる。
技術革新で小型化が進んだSARを活用した新たな人工衛星ビジネスが世界各国で勃興しているのだ。
得られたデータを解析し、そこから幅広い情報を得る技術も深層学習(ディープラーニング)などAI(人工知能)技術の進歩により、飛躍的に広がりつつある。
駐車場の駐車台数から景気の動向を、田畑の映像から食料の供給量も予想できる。
SAR衛星ビジネスに参入し始めている日本の民間企業も既にある。
SAR衛星による宇宙ビジネスの最新動向を追う。


こちらの記事はWebでも読めます。
SARがひらく人工衛星新ビジネス