全5481文字
PR

 人工衛星による地球観測の技術は進歩し続けている。今や悪天候で雲があっても、日の差さない深夜でも地表を観測できる。レーダーを使って地表を電波で照射し、その反射波から画像を作成する「合成開口レーダー」(SAR:Synthetic Aperture Radar)によって実現した(図1)。

図1 SAR衛星のイメージ
図1 SAR衛星のイメージ
SAR衛星はアンテナから地表へ向かって電波を発射。その反射波を受信して地表をスキャン(撮像)する。電波は雲を透過するし、SARが放射する電波の出力を調整して撮像するので夜と昼とを問わない。(出所:日経ものづくり)
[画像のクリックで拡大表示]

 SARは、使用する電波の波長によってさまざまな対象を観測できる。例えば地下水や地下鉱物の分布なども捉えられる*1。日本でも宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、「ふよう1号」(1992年)や「だいち」(2006年)、「だいち2号」(2014年)などのSAR衛星を打ち上げた(図2)。

*1 SAR衛星で観測に使うマイクロ波はおもにLバンド(1~2GHz)、Cバンド(4~8GHz)、Xバンド(8~12GHz)の3つがよく使われる。波長の短いXバンドは樹木の葉などで反射されるため、地表の細かい物体を見るのに適している。一方で波長が長いLバンドは樹木の葉や枝を透過するため、地表の構造を把握するのに適する。JAXAのだいち2号などは日本独自のLバンドSARを搭載し、地殻変動の調査や地下資源の調査などに使われている。
図2 JAXAのSAR衛星「だいち2号」
図2 JAXAのSAR衛星「だいち2号」
前号機のだいちは2基の光学センサーと1基のSARで地表を観測していた。だいち2号はSARのみ搭載。観測の頻度を向上させている。搭載しているSARは、新たに開発された「フェーズドアレイ方式Lバンド合成開口レーダ」(PALSAR-2)。分解能はだいちの3倍以上だ。災害状況の把握や森林分布の把握、地殻変動の解析など、さまざまな目的で使われている。(出所:JAXA)
[画像のクリックで拡大表示]

 SARの基本技術自体は1950年代から開発されていた。決して新しい技術ではないが、最近の技術革新で小型軽量化が進み、重量が100kg級で低コストの小型衛星にも搭載できるようになったのが転機になった。資金力が小さいベンチャー企業でもSAR衛星を製造し、打ち上げて衛星ビジネスに参画できる可能性が出てきたのだ。

 既に日本でも、SAR衛星を活用したビジネスの展開に取り組んでいる企業が現れている。宇宙ベンチャーに“SAR”という追い風が吹き始めているのだ。

 SARとは何か。どのような技術が使われているのか。なぜ今、SARが必要とされ、SARを活用したビジネスが勃興し始めているのか。