深刻な人手不足を背景に、卓上ロボットや協働ロボットが関心を集めている。ここにきて複雑な作業や幾つもの工程を自動化するのではなく、単純作業や工程のごく一部だけといった〝すきま作業〟を自動化するツールとして活用する動きが出始めた。完全自動化は目指さず、協働ロボができる範囲でうまく活用する〝ゆるい〟使い方だ。