全2028文字
PR

 日本発の内視鏡手術支援ロボットの実用化が近づいている。協働ロボットの発展形の1つが“ゆるロボ”なら、その対極にある別ルートの発展形が、高い精度と信頼性で作業者と密接に協働する手術支援ロボットだ。

 国内で開発を進めているのはベンチャー企業のメディカロイド(神戸市)。同社は川崎重工業と医療機器を手掛けるシスメックス(神戸市)が共同出資して2013年に誕生した。メディカロイドの田中博文常務は、「2020年中に手術支援ロボットの販売を始めたい」と意気込む。

米国では80%でロボット利用

 日本を含めた世界の内視鏡手術支援ロボットの市場は、米インテュイティブサージカル(Intuitive Surgical)の「da Vinci(ダビンチ)Surgical System」がほぼ独占している。2000年に米FDA(食品医薬品局)から承認を得て、市場をけん引してきた。2019年9月時点で、世界で5406台、日本で約350台のダビンチが病院に導入された。ここに来てダビンチの特許が一部切れたため、商機と捉えて開発を加速する企業も現れている。

 ダビンチは人の代わりにロボットアームが内視鏡や手術器具を動かす。執刀医は専用の操作卓に座り、内視鏡で映し出される患者の体内の映像を見ながら、手元のコントローラーで手術器具を遠隔操作する。ダビンチの使用実績の多い藤田医科大学病院総合消化器外科の宇山一朗教授は「内視鏡手術の安全性と精度を高めるためにダビンチを利用している。手の震えが手術器具に伝わらないので操作がぶれない。執刀医の緊張もほぐれる」と話す(図1)。インテュイティブサージカルによると、2013年に米国で行われた前立腺摘出術のうち80%はロボットを利用した手術だったという。

図1 手術支援ロボットを使った手術の様子
図1 手術支援ロボットを使った手術の様子
執刀医(左奥)がダビンチを遠隔操作している。(写真:藤田医科大学)
[画像のクリックで拡大表示]