全1394文字
PR

RPAでPC作業の効率化が進む一方で、旧態依然とした手作業が数多く残るオフィス業務。「ハンコロボ」として話題となった「RPA&COBOTTA」はそんな作業の自動化を狙ったもの。オフィスへのロボット投入というアイデアはどこから生まれたのか。開発の狙いを聞いた。

芝崎理人氏
芝崎理人氏
日立キャピタル 営業統括本部 アカウント事業本部 新規事業チーム(写真:加藤康)

 オフィスにはさまざまな事務作業がある。人手が必要な物理的な単純作業もまだまだ多く、それがオフィス業務のボトルネックになっている。そうした人的作業をロボットにやらせ、加えてRPAと連携できれば自動化がもっと進むはず。そう考えてオフィス向けのサービス「RPA&COBOTTA」を開発した。現在、基本プログラムとして押印と紙の書類の電子化という2つのアプリケーションを用意している。