全4344文字
PR

 まだまだ技術的な発展の余地はあるだけに、3Dプリンターによる製造(アディティブ製造)は非常に大きな可能性を秘めた技術である。既存工法で造っていたモノの造り方を単に置き換えるだけでなく、アディティブ製造の特徴を最大限に生かした使い方を模索したい。設計を見直して形状を変えるのに加えて、従来の業務フローやビジネスモデルの革新にもつながるはずである。

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料