全4574文字
PR

 アディティブ製造装置(3Dプリンター)による立体モデルの造形を成功させるためには、造形方法や機種の違いを理解するとともに、材料の特性なども熟知する必要がある。これらを正しく理解すれば、アディティブ製造の特徴を十分に生かした新しい機能やカタチ(設計や構造など)を生み出せる。ここでは、アディティブ製造を活用するためのデータ準備や造形時のコツと注意点、さらには造形サービス(出力ビューロー)を依頼する際の注意点などを解説する。

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料
この機会をお見逃しなくお申し込みください


日経クロステックからのお薦め

月額プランが12月末まで無料 11/16まで
2021年版iPhone全機種分解

2021年版iPhone全機種分解」開始!まずはiPhone 13 miniから

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中