全5035文字
PR

 代表的な機械要素部品の1つである軸受。エンジンに比べると数は減ってしまうが、電動車のモーターにも軸受は必要である。車輪の周辺やステアリング機構など、回転運動を伴う部品には軸受が引き続き使われる。ただし、EV時代の軸受には、エンジン車時代とは求められる性能や機能が大きく異なり、それに対応するための開発が各社で加速している。

モーターの高速回転化に対応

 EVの駆動用モーターでは、小型化・軽量化と高出力化を両立するために高速回転化が不可欠になる。モーターの回転軸を支える軸受にも、高速回転化への対応が求められている。

 軸受のピッチ円直径(mm)と回転数(rpm)を掛け合わせた数値である「dmn値」。エンジン向けで100万を超えるスペックを求められるのはまれだったが、EV用では当たり前。150万超を勝負の場としている。高速回転化のネックとなる温度上昇をいかに抑制するかに軸受メーカー各社がしのぎを削る。

 国内の大手軸受メーカーでまず先行したのがNTN。2015年、dmn値をそれまでの約2倍である108万に高めた製品を発表した。2020年に入って、3月に日本精工(NSK)がdmn値140万の製品を発表すると、5月にはジェイテクトがdmn値150万以上と、高速回転対応の軸受の発表が相次いだ(図1)。

図1 ジェイテクトが開発した高速回転可能なグリース潤滑玉軸受
図1 ジェイテクトが開発した高速回転可能なグリース潤滑玉軸受
従来にない新形状の保持器を採用し、dmn値を150万以上に高めた。(出所:日経ものづくり)
[画像のクリックで拡大表示]

 この技術競争の中心になっているのは、潤滑剤としてグリースをあらかじめ入れておく深溝玉軸受である。異常な温度上昇を招く最大の要因で、かつ改良のポイントになっているのは転動体(玉)の間隔を一定に保つ部品である保持器。この点の認識は各社同じである一方、具体的な対策は各社で異なっている別掲記事参照

 公表しているdmn値が150万と、現時点で最も高性能なのはジェイテクト。高速回転対応に限らず、同社はこの1年でさまざまなEV対応の軸受を発表した。