全6370文字
PR

 既存のエンジン車からの流用ではなく、当初から電気自動車(EV)への適用を前提として開発したプラットフォーム(PF)を採用する新世代のEV─。そうしたEVが欧州市場を中心に2021年にかけて続々と登場する。興味深いのは、そこには各社のEV戦略の違いが色濃く反映されていることだ。

新世代EVには各社の考え方が色濃く反映

 新世代EVの最大の特徴は、既存のエンジン車のPFを流用して開発することが多かった従来型のEVと違い、EVはどうあるべきかを当初から考え、EVへの適用を前提として開発したPFを採用している点だ。

 例えば、日産自動車の「アリア」(日本で21年中ごろ発売)、フランスGroupe PSA(グループPSA)の「プジョーe-208」(欧州で19年後半に発売)、「シトロエンe-C4」(欧州で20年夏に発売)、「DS 3 クロスバック E-TENSE」(欧州で19年秋発売)、ドイツVolkswagen(フォルクスワーゲン、VW)の「ID.3」(欧州で20年9月に一部モデルから納車開始)、ホンダの「Honda e」(欧州で20年夏、日本で20年10月発売)などがそれに当たる*1。いずれも、19年後半から21年末にかけて登場する新型EVであり、EVへの適用を念頭に開発したPFを採用している(図1)。

*1 新世代EVとしては他に、VWの「ID.4」(欧州で20年に発売)、ドイツAudi(アウディ)の「Q4 e-tron」(欧州で20年末までに発売)、同Porsche(ポルシェ)の「タイカン」(欧州で19年に発売)、スウェーデンVolvo(ボルボ)の「XC40 Recharge P8 AWD」(欧州で20年終盤に発売)などが挙げられる。
図1 続々と登場する新世代EVの例
図1 続々と登場する新世代EVの例
発売時期(Q4スポーツバックe-tronのみ生産開始時期)は、アリア以外は欧州におけるもの。各社の発表と各種報道に基づく。日経Automotiveがまとめた。(写真の出所:タイカン、Honda e、アリアは日経Automotive、その他は自動車メーカー各社)
[画像のクリックで拡大表示]

 興味深いのは、PFの開発を通じてEVの在り方を深く検討したことが影響したためか、新世代のEVには、EVに対する自動車メーカー各社の考え方や戦略が色濃く反映されている点だ。例えば、エンジン車並みの総所有コスト(TCO)を重視して低価格化を追求するメーカー、これからのEVをリードする性能や装備、快適性を重視するメーカー、エンジン車とは別の競争軸でEVならではの魅力を追求するメーカーなどだ。VWのID.3やグループPSAのe-208などはTCO重視、日産のアリアは性能・装備・快適性重視、ホンダのHonda eは独自の競争軸重視の新世代EVといえる。

 以下では、EVの魅力に磨きをかける日産とホンダの取り組みを見ていく。エンジン車に代わって選んでもらうためには、消費者を引き付ける魅力が不可欠。日産自動車は充実度、ホンダは独自性で市場に切り込む。