未曽有の事態となった2011年3月11日の東京電力福島第1原子力発電所の事故。あの日から10年を迎えたいま、粛々と廃炉作業が進められている。誰も経験のない極限環境での作業はどのように行われているのか。今後30年ほどかかるとされる作業を支える「廃炉メカ」技術の今を探った。