全1599文字
PR
出所:東京電力ホールディングス
出所:東京電力ホールディングス
[画像のクリックで拡大表示]

 2号機の使用済み燃料プールには、615体の燃料集合体が残されている。2024~26年度の取り出し開始に向けて、準備が進んでいるところだ*1。計画では、2号機原子炉建屋(以下、建屋)南側の壁に開口を設け、「オペレーティングフロア」に使用済み燃料を取り出す「燃料取扱設備」を入れる*2

*1 1・3号機は2号機とは異なる手法が検討されている。
*2 オペレーティングフロアとは、原子炉建屋の最上階で、燃料の交換作業などが行われる場所。

 そのためには、2号機オペレーティングフロアに残る残置物を片付けて、放射線量を抑えなくてはならない(図1*3。そこで東京電力ホールディングス(HD)は、18年8月から20年11月の2年余りをかけて、この残置物を撤去した。

図1 2号機オペレーティングフロアの位置
図1 2号機オペレーティングフロアの位置
2号機オペレーティングフロアを天井から見下ろした写真(a)、2号機原子炉建屋を西(陸側)から東(海側)に向かって見た写真(b)、 2号機建屋の断面イメージ(c)。建屋西側の壁に設けた開口から、遠隔操作ロボットを進入させた。(画像a・c:東京電力ホールディングス、写真b:渡邊照明)
[画像のクリックで拡大表示]
*3 2号機のオペレーティングフロアには、工具箱、フェンス、手すり、検査設備、スロープなどが事故当時のまま残されていた。