全3406文字
PR

 「将来的に、カーボンニュートラル(炭素中立)関連技術をしっかりとした事業にすることを視野に入れている」。こう話すのはデンソーが2021年1月に新設した環境ニュートラルシステム開発部長の石塚康治氏だ(Part2 戦略編 デンソー参照)。

 カーボンニュートラル、つまり二酸化炭素(CO2)の排出と吸収で差し引きゼロにするための取り組みは広範囲に及び、その実現に必要となる技術も多種多様だ。CO2が大気中へと放出されるタイミングは製造業の直接的な事業活動ばかりではない(図1)。

図1 カーボンニュートラルにおけるCO<sub>2</sub>の循環
図1 カーボンニュートラルにおけるCO2の循環
カーボンニュートラルで目指すのは、大気中のCO2濃度が上昇するのを防ぐこと。そのためには、さまざまな活動で放出されるCO2を削減するだけでなく、化石燃料の使用を減らしてバイオマスや自然エネルギーを増やすというように、CO2の循環を考える必要がある。(出所:日経ものづくり)
[画像のクリックで拡大表示]

 加えて、大気中へのCO2放出を減らすだけが取り組みではない。化石燃料を極力消費しないCO2の循環の実現にこそ、カーボンニュートラルの本質がある。

 その成否の鍵を握るのは「技術」だ。製造業にとって、「クリーンな活動と便利な社会を両立させる技術や製品を開発し、事業として拡大させる」(石塚氏)千載一遇のチャンスとも言える。