全2300文字
PR

2035年までにカーボンニュートラルを目指すデンソー。自動車部品の熱効率向上、排出ガスの後処理などで培ってきた技術力を結集し、新分野を開拓し事業の柱に据えることも見据える。21年1月1日には環境ニュートラルシステム開発部を新設し、活動を加速させている。(聞き手は野々村 洸=日経クロステック/日経エレクトロニクス)

石塚康治氏
石塚康治氏
デンソー 執行幹部 環境ニュートラルシステム開発部長(写真:吉田伸毅)
[画像のクリックで拡大表示]

 デンソーでは2021年1月1日に「環境ニュートラルシステム開発部」を新設しました。内燃機関や熱マネジメント、電動化などで環境技術を扱っていた人間を集めた組織で、主に技術的な環境戦略を検討します。

 今までの延長線上でものづくりの改善活動を続けても、20年末に発表した「35年までにカーボンニュートラルを実現」という目標を達成できるか分かりません。また環境負荷を抑制していくためには個々の技術が大切である一方で、その技術を利用するものづくり現場との連携を深めていくことも重要です。そこで環境ニュートラルシステム開発部は、技術の適材適所を見極め、ものづくり現場との橋渡しを支えていく役割を担います。