全2774文字
PR

「世界中で気候変動への意識が高まっており、『電動化』は将来の事業のキーになる」と語る小川氏。事業活動におけるCO2排出量を削減するとともに、いずれ立ち上がる市場に備えて、さまざまな電動建機の開発・実用化を着々と進めている。(聞き手は吉田 勝、高市清治、構成は小林由美=facet)

小川啓之氏
小川啓之氏
コマツ代表取締役社長(兼)CEO(出所:コマツ)
[画像のクリックで拡大表示]

 コマツは、2022年3月期までの中期経営計画において、「本業を通じたESG(環境・社会・ガバナンス)課題解決」を経営目標として掲げており、ESG課題の解決と収益向上の好循環による持続的な成長を目指しています。その取り組みの1つに環境負荷低減があります。

 具体的には30年までに二酸化炭素(CO2)排出量を10年比で50%削減するという目標を掲げています*1。再生可能エネルギー(再エネ)の使用率についても30年までに50%にまで引き上げます。これらはいわば必達目標です。

*1 単年度の建設鉱山機械販売および顧客現場でのCO2削減効果とする。