全1452文字
PR

 よく「品質問題」と言いますが、「品質」に影響を与えるものとしては、次の2つがあると思います。1つは技術の良しあし、もう1つは仕事の仕方の良しあしです。

 一般に日本製品の品質が良いと言われるのは、主に技術に関する品質が高いからだと思います。例えば「壊れにくい」といったような、消費者が製品に対して評価する品質です。日本にはこのような製品を設計する高い技術があります。また、均質な製品を造り続ける点でも日本は優れています。特に大量生産品において、消費者がどの製品を手に取っても期待した品質が得られるという安心感につながります。

近年の品質不正は仕事の仕方が原因

小田 淳 氏
小田 淳 氏
ロジ代表(元ソニー設計者)

 近年注目が集まっている品質問題、特に品質不正の問題は今述べたような日本の技術力の低下によるものではありません。仕事の仕方の問題だと考えています。品質データを改ざんしたり、認証取得のために偽のサンプルを提出したりしたメーカーは、モラルやルールを守る体質になっていなかったのです。このような品質問題が相次いで表面化している理由は大きく分けて4つあると思います。

 1つは発覚しやすい環境になったためです。上司や他部門とのしがらみが以前と比べて希薄化し、周囲に忖度(そんたく)しないで告発する人が増えているのではないでしょうか。2つ目としては、技術革新や環境規制など法規制の変更、低コスト化や軽量化といったさまざまな要因で、要求品質が厳しくなったことが挙げられます。従来の手法で造り続けるだけで不適合になる可能性があります。

 それとは逆の意味になりますが、3つ目は標準規格の要求レベルや社内で定める安全率などの基準が高すぎるという実態です。要求品質が高すぎるという認識がまん延し、どこかの段階で基準を満たさなくても問題は起こらないであろうと見過ごしてしまう。実際、材料がJIS規格を満たさなくても、部品や製品になった段階での試験をクリアできれば不良品は出ません。

 最後に、コミュニケーションの問題が考えられます。例えば既に販売している製品の規格が変わったとき、量産中の製品についても規格を満たすものに変更すべき場合と、次の新製品から対応すれば良い場合があります。ルールが複雑で末端の担当者には口頭で伝わることも多い。この伝達の過程でエラーが起こりやすいのです。

対処法は仕事のシステム化

 対処法としては仕事の仕方をシステム化するしかありません。数字を入力しないと次の工程に進めないような仕組みづくりが必要です。かつて品質マネジメントシステムに関する国際規格「ISO9001」を導入し、仕事の仕方を文書化する動きが活発になりましたが、形骸化している企業も少なくありません。文書化でさえ難しいので、設計に関する3Dデータなどを関連させるのはなおさら困難です。全てをシステム化するのではなく、70%程度システム化できれば良いのではないかと思います。

 さらに根本的な対策としては、日本は高品質の製品に特化する方が良いと思います。日本が低価格帯の製品の製造に強みを持つ中国などと価格競争をすれば、そのしわ寄せが現場にいき、不正につながりかねません。私の前職であるソニーも、会議室用の小型プロジェクターなど低価格帯の製品からは撤退し、クルマより高価な放送局用の機器や高品質なカメラモジュールなどに経営資源を割いています。日本が国際市場で競争力を保つには、品質の良いものを高く売るべきです。

小田 淳 氏(おだ・あつし) 
ロジ代表(元ソニー設計者)
ソニーで2016年までの29年間、プロジェクターやモニターの製品化設計を手掛ける。2009年から2013年まで4年半、中国に駐在。中国のものづくり経験を生かし、「中国で不良品や業務トラブルのないものづくりの進め方」を日本の設計者に伝えるべく、セミナーやコンサルタントを行う。中国での不良品やトラブルの原因は日本の設計者の「設計力」にあるという視点に立ち、中国メーカーへの実践的なアプローチ方法を具体的に伝える。