全3281文字
PR

 阪堺電気軌道(大阪市)は1963年製の路面電車「モ353」(モ351形)の幾つかの機能部品を復刻し、2021年に営業運転を開始した(図1)。特徴的なのが、復刻した金属部品の製造方法としてアディティブ製造装置(3Dプリンター)を採用した点だ。

図1 阪堺電気軌道の路面電車「モ353」
図1 阪堺電気軌道の路面電車「モ353」
2021年2〜3月に3Dプリンター製の「逆転空気シリンダー」を実車に搭載してテスト走行し、そのあと営業運転に投入した。(出所:阪堺電気軌道)
[画像のクリックで拡大表示]

 約60年前に製造されたような古い車両は図面も部品の補給体制もなく、交換するには新たに図面を引き直して製造するしかない*1。個別対応の少量製造になるため費用もかかり、対応可能な技術や態勢を持つ工場も減ってきている。そこで3Dプリンターを使った部品製造が選択肢として浮上してくる。元の部品を3Dスキャナーで測定し、3Dの形状データを得て、これを基に金属3Dプリンターで造形するリバースエンジニアリングによる方法だ。

*1 モ351形のメーカーである帝国車両工業は明治期の創業で、大正期から第2次世界大戦後の高度成長期に鉄道車両製作を手掛け、1968年に東急車両製造(現総合車両製作所)に吸収合併された。

 モ353は、新造当時はなかった冷房装置を1980年代に搭載した他、2010年代には行き先表示装置(方向幕)をLEDによるものに交換し、交通系ICカードの読み取り装置の設置、乗降口の段差を緩和する補助ステップの設置など、さまざまな改造を受けつつ長年活躍してきた。今後も適切に維持管理していけば、当分は走り続けられるとみられる。