全3905文字
PR

 ヤマハ発動機はさまざまな工場で、自社製品を活用して開発した自動搬送車(AGV)を導入して工場内物流を効率化している。例えば浜北工場で建屋間を走る大型のAGVは、ゴルフカーに自動運転技術を組み合わせて開発した(図1)。本社磐田工場の鋳造工程に導入した小型のAGVは、動力に電動車椅子用のユニットを利用している。

図1 ゴルフカーを基に開発した自動運転方式の搬送車
図1 ゴルフカーを基に開発した自動運転方式の搬送車
3直稼働の職場と連係して24時間運搬できるよう、自動運転技術を持つ企業と共同で開発した。建屋内と建屋外の両方を走れ、工場内の搬送経路のうち“幹線”に向く。車体のベースに自社製品のゴルフカーを利用。(出所:ヤマハ発動機)
[画像のクリックで拡大表示]

 自社製品を活用するのは、導入コストを抑える手段の1つ。同社はスマート工場実現の「4つのキーテクノロジー」として「自動搬送」「自動作業」「自動検査」「状態監視+トレーサビリティー」を重視している。いずれも、自社製品を含めて社内外から広く技術を集め、導入現場の課題に合わせて、効果に見合ったコストで実現するよう工夫を凝らしている。