全3540文字
PR

 BANDAI SPIRITS(東京・港)は2020年12月、「ガンプラ」(「ガンダムシリーズ」のプラモデル)をはじめとしたプラモデルを生産する工場「バンダイホビーセンター」(静岡市)の敷地内に新設した「バンダイホビーセンター新館(以下、新館)」を稼働させた(図1)。ガンプラの需要増に対応するため、生産能力を1.4倍に引き上げた。コンパクトな建屋の中に射出成形機6台を並べ、成形機周りのスペースを生かせるように小回りの利く自動搬送車(AGV)を導入。さらに成形機の稼働管理をコンピューターシステム化し、稼働率を従来よりも引き上げた。

図1 バンダイホビーセンターの社屋
図1 バンダイホビーセンターの社屋
これまでの建屋(右)の前に平屋の新館(左)を建設した。新工場稼働を機に従来の建屋は「本館」と呼称。(写真:BANDAI SPIRITS、図:日経ものづくり)
[画像のクリックで拡大表示]

好調なプラモデル生産

 BANDAI SPIRITSは、バンダイナムコホールディングスのグループの中で、主に大人向けのホビーや玩具関連の事業(ハイターゲット事業)を担う。バンダイナムコホールディングスは21年3月期の決算で「特に第4四半期はガンプラが想定以上に好調に推移した」と説明している。第4四半期は、まさに新館が稼働して生産能力が高まった時期に当たる。

 ガンプラ生産能力の増強の背景には、プラモデルメーカー全体の活況がある。その中でもBANDAI SPIRITSは好調で、06年度の年間出荷数が722万個だったのに対し、19年度には3126万個と4.3倍に増加していた。

 そこに新型コロナウイルス感染症による「巣ごもり需要」も追い風になっているようだ。ただ、BANDAI SPIRITSホビーディビジョン クリエイション部 デピュティゼネラルマネージャーの松橋幸男氏は「コロナ禍が100%かというと、そうではないと思っている」と語る。「国内だけでいえば、久々にガンプラを作ってみようと思った人がいたのは事実だが、海外で直営店『THE GUNDAM BASE』を中国・上海に開設したり、ガンプラ作りの体験会を細かく実施したりして需要を掘り起こして成果が出始めたと考えている」(同氏)

 現在ではガンプラの年間販売額の5割を海外分が占める。好調な需要は「コロナ後にも引き続く傾向ととらえている」(同氏)。だからこそ自社での生産能力増強に踏み切ったのだ。