全4043文字
PR

 「製造業における人工知能(AI)活用は今2周目に突入している」─。製造業を中心に20年以上コンサルティングをしてきたシグマクシス(東京・港)ディレクターの桐原慎也氏はこう語る。さまざまな業務でAI活用を試す「1周目」を経て、AIの得意領域を見極め、現場の知見などと組み合わせて本格的に活用する段階に入っているという。

 製造業でのAI活用を拡大させる原動力は、ユーザーの必要性が高まったというニーズ側と、AIの実現レベルが高まると同時に導入しやすくなったというシーズ側の両方にある(図1)。現在の製造業は少子高齢化に伴う人材不足、競争の激化による低コスト要求などのさまざまな課題を抱える。一方、ディープラーニングが登場するなどAI技術が進化し、IoT(Internet of Things)化の進展で多種多様なデータを低コストで用意できるようになっている。

図1 AI活用拡大の背景
図1 AI活用拡大の背景
ニーズ、シーズの両方がAIの活用を後押ししている。(出所:日経ものづくり)
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした状況の中、「匠(たくみ)」と呼ばれる人のように、高度な知識と技術・技能を持った熟練者の仕事の領域にもAIが活用できるのではないかという期待が集まっている。2021年11月に日経ものづくりが実施したアンケート調査によると、「AIが技術や技能の伝承に役立つと思うか」という質問に対し、「非常に役立つ」もしくは「ある程度役立つ」と回答した人の割合は7割を超えた(図2

図2 AIを技術伝承に生かすことへの期待は大きい
図2 AIを技術伝承に生かすことへの期待は大きい
(出所:日経ものづくり)
[画像のクリックで拡大表示]
* ニュース配信サービス「日経ものづくりNEWS」の読者を対象に、アンケート用URLを告知した上で回答を依頼。2021年11月5日~11月9日に実施し、207の回答を得た。アンケート結果の一部は、日経ものづくり、2021年12月号 pp.82-84 数字で見る現場「検査や予防保全での活用が急増、人材不足対策の動きも活発に」と日経クロステック(https://nkbp.jp/3F6jeMC)に掲載した。