全2647文字
PR

 企業概要 
秀峰
創業:1982年 従業員数:40人 事業内容:特殊印刷(球面、曲面印刷)、極細配線導電印刷、印刷機システム販売など

隠れた実力を持つ中小のものづくりの現場を訪れる本連載。第2シーズンの初回は、曲面印刷などの特殊印刷技術を武器に、新しいビジネスモデルを展開する秀峰(福井市)を紹介する。

 「曲面印刷」─。なじみがない読者もいるかもしれないが、実は曲面印刷技術を用いた製品は我々の身近に数多く存在する。例えばスマートフォンのケース(図1)。その多様性は、曲面印刷技術によって実現されている。他にも自動車の内装部品や家具の木目調のデザインなどにも利用されている。

図1 スマートフォンケースへの曲面印刷
図1 スマートフォンケースへの曲面印刷
さまざまな曲面の上に個性豊かな印刷を施すことができる同社の曲面印刷技術。(出所:秀峰)
[画像のクリックで拡大表示]

 中でも秀峰の曲面印刷技術は、競合他社に比べて高精細なのが特徴だ。2007年には「ものづくり日本大賞」の内閣総理大臣賞(金賞)を受賞するなど、その技術力の高さには定評がある。その高精細な曲面印刷技術はどのようにして生まれたのか。筆者らは同社会長の村岡貢治氏と代表取締役社長である村岡右己氏に話を聞いた。

* その他、福井県の「科学技術奨励賞」の受賞(2002年)や、近畿経済産業局「新連携」の支援事業認定(2005年)、元気なモノづくり中小企業300社の認定(2007年)などの実績がある。