全2202文字
PR

 JFEスチールは、自動車の車体の一部を対象としたトポロジー最適化を、車体全体のシミュレーションと関連付ける独自の「JFEトポロジー最適化技術」を開発した。車体全体のシミュレーション結果(車体の構造にかかる荷重の複雑な変化)を考慮することで、トポロジー最適化の精度を高められる。

 同技術は部品形状のトポロジー最適化だけでなく、車体をスポット溶接する位置の最適化にも適用可能だ(図1)。すでに販売されている自動車の開発で活用されており、例えばスズキの「スイフトスポーツ」のフロントダッシュサイドで部品形状最適化が採用されたと、2019年1月に発表している(図2*1

図1 「JFEトポロジー最適化技術」の適用例
図1 「JFEトポロジー最適化技術」の適用例
衝突安全性の要件を満たす部品形状の最適化を実現する「部品形状最適化」(左)と車体剛性を効率的に向上させる接合位置を高い精度で特定する「接合位置最適化」(右)。(出所:JFEスチール)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 スズキ「スイフトスポーツ」
図2 スズキ「スイフトスポーツ」
(出所:スズキ)
[画像のクリックで拡大表示]
*1 JFEスチールは部品形状最適化の適用事例を2019年1月に、接合位置最適化の適用事例を17年12月に発表している。