全8404文字
PR

 ロシアによるウクライナ侵攻の現場は、かつてないほどその映像がリアルタイムで世界中に配信されている。一般市民がスマートフォンで撮影したと思われる動画の生々しさに、息をのんだ人も多いだろう。

 なぜ戦場と化したウクライナで、ウクライナ政府はおろか、ウクライナ軍兵士や一般民間人が、大容量の通信基盤を必要とする動画を世界中に配信できるのか。その陰には、電気自動車(EV)で知られる米Tesla(テスラ)CEOのイーロン・マスク氏の姿が見え隠れする。ウクライナでは、同氏が設立した米Space X(スペースX)が構築した、人工衛星による通信網「スターリンク」を利用できるのだ(図1)。同社は、電気自動車(EV)で知られる米Tesla(テスラ)CEOのイーロン・マスク氏が設立した宇宙ビジネスを手掛ける企業だ。

図1 スターリンクのイメージ
図1 スターリンクのイメージ
スターリンクは高度数百~千数百kmの地球低軌道に多数の通信衛星を打ち上げ、地球上のどこでもブロードバンドのインターネットアクセスを提供するサービス。(出所:Space X)
[画像のクリックで拡大表示]

 では、スターリンクとは何か。なぜウクライナでスターリンクを利用できるのか。