[画像のクリックで拡大表示]

今や日産自動車を代表する電動化技術となった「e-POWER」。エンジンを発電だけに使うシリーズハイブリッドシステム搭載車の売れ行きは好調だ。だがハイブリッド車で後発の日産にとって開発は一筋縄ではなかった。本連載の第1回目となる今号では、パワートレーン開発のリーダーだった仲田直樹が、開発に至るいきさつやその思いを語る。(本文は敬称略)