ロボットにとって物体の把持は思いのほか難しい。軟らかいワークを自在に操ったり、部品を精密に組み立てたりする作業では、まだまだ人には及ばない。しかし、「つかむ」技術が進歩すれば、生産現場のロボット活用はぐっと広がる。ロボットの触覚や判断を高める技術の最前線に迫る。