世界中で加速するガソリン車から電気自動車(EV)への転換「EVシフト」。自動車部品メーカーにとっては、エンジン部品の減産が懸念される一方、EV関連の新たな受注や事業創出・成長の好機でもある。この大きな変革の波を逃すまいとEV用部品をターゲットとした新たな加工技術や製品の開発に力を入れているのが工作機械業界だ。既にEV用部品の増産に向けた設備投資が追い風となって受注額が伸長している。EVシフトが工作機械業界にもたらそうとしている変革の最前線を探る。