全1393文字
PR

 この記事では、ネットワーク機器の例として、シスコシステムズのLANスイッチ「Catalyst 2960-8TC-L」を利用している。このLANスイッチが内蔵するOSが「Cisco IOS」だ。ここでは、IOSの基本的な使い方を紹介しよう。

 IOSでコマンドの操作を行う際にまず意識する必要があるのが「モード」である(図A-1)。どのモードにいるかによって、参照や設定が可能な項目が異なるからだ。代表的なモードには「ユーザーEXECモード」「特権EXECモード」「グローバルコンフィギュレーションモード」「インターフェースコンフィギュレーションモード」の4つがある。コマンドによりこれらのモードを切り替える。どのモードにいるかはプロンプトの表示で分かる。

図A-1●IOSには大きく4つのモードがある
図A-1●IOSには大きく4つのモードがある
コマンドを使って適切なモードに移行し、情報の参照や設定の変更を行う。自分がどのモードにいるかはプロンプトの表示で分かる。
[画像のクリックで拡大表示]

TelnetとIPアドレスを設定

 IOSを搭載したLANスイッチを使い始めるときには初期設定が必要だ。その際には、コンソールポート経由でパソコンと接続して行うのが一般的。接続の際には、サードパーティーが提供しているUSB対応のコンソールケーブルが便利だ(図A-2)。ターミナルソフトの起動時にシリアルポート接続を選択すると、パソコンからコマンドを実行できるようになる。

図A-2●コンソールケーブルで接続し、初期設定を実施
図A-2●コンソールケーブルで接続し、初期設定を実施
LANスイッチの初期設定は、コンソールポート経由でパソコンと接続して行うのが一般的だ。シスコシステムズ純正のコンソールケーブルはパソコンにRS-232-Cインターフェースが必要だが、USB対応のコンソールケーブルをサードパーティーが提供している(左)。コンソールケーブルで接続したときは、ターミナルソフトの起動時にシリアルポート接続を選択する(右)。
[画像のクリックで拡大表示]

 初期設定では、各種のパスワードやLANスイッチに割り当てるIPアドレスなどを設定する(図A-3)。ここではグローバルコンフィギュレーションモードで特権EXECモードに移行するためのパスワードを設定。VTYポート番号を指定したインターフェースコンフィギュレーションモードでTelnet、VLAN番号を指定したインターフェースコンフィギュレーションモードでIPアドレスをそれぞれ設定している。

図A-3●ターミナル上での初期設定の例
図A-3●ターミナル上での初期設定の例
特権EXECモードのパスワード、Telnet接続およびそのパスワード、IPアドレスをそれぞれ設定した。TelnetとIPアドレスを設定することで、ネットワーク経由でTelnet接続できるようになる。
[画像のクリックで拡大表示]

 TelnetとIPアドレスを設定すると、ネットワーク経由でリモート接続できるようになる。ターミナルソフトの起動時にホストとしてIPアドレス、サービスとしてTelnetを指定すればいい。