全8170文字
PR

 多くの企業が利用している米マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft 365」。メールサービスの「Outlook」やメッセージングサービスの「Teams」、オフィスアプリケーションの「Excel」や「Word」などで構成されている。

 そのほか「Power Platform」と呼ばれる便利なサービス群がある。ちょっとしたアプリケーションを作成したり、サービス同士を連携させてスムーズなやりとりを実現させたりできる。うまく使いこなせば、ネットワークの監視や管理などにも活用できる。

 そこで本特集では、Power Platformの概要と基本的な使い方を解説する。

4つのサービスの総称

 Power PlatformはMicrosoft 365に含まれる4つのサービスの総称だ。ノーコード/ローコードのアプリケーション開発サービス(ノーコード/ローコード開発ツール)である「Power Apps」、複数のサービスやアプリケーションを連携させる「Power Automate」、データの整形や可視化などに使う「Power BI」、チャットボットの作成サービスである「Power Virtual Agents」で構成される(図1)。

図1●Power Platformで業務システムを簡単構築
図1●Power Platformで業務システムを簡単構築
Power Platformは業務システムを構築するためのサービスの総称。「Power Apps」「Power Automate」「Power BI」「Power Virtual Agents」で構成される。いずれもMicrosoft 365の一部として提供される。
[画像のクリックで拡大表示]

 チャットボットとはテキストや音声を通じて自動的に会話するプログラムのこと。サポートサービスを含む業務システムでは便利だが、ネットワークの監視や管理に使うことはほとんどない。ここではPower Virtual Agentsを除いた3つのサービスを取り上げる。

 前述のようにPower Appsはノーコード/ローコード開発ツールの1種である。プログラミングの知識がなくても業務アプリケーションを開発できるので、DXを推進するツールとして注目されている。

 Power Appsなどのノーコード/ローコード開発ツールの多くは、データベースなどのデータの入れ物(データソース)を指定するだけで、データを操作するアプリケーションを自動生成する(図2)。Power Appsでは、生成されたアプリケーションを「キャンバスアプリ」と呼ぶ。

図2●コーディングなしでアプリケーションを自動生成
図2●コーディングなしでアプリケーションを自動生成
Power Appsはノーコード(コーディングなし)あるいはローコード(最低限のコーディング)でアプリケーションを開発できるサービス。例えばデータベースなどのデータソースを指定するだけで、データを操作するアプリケーションを自動的に生成する。
[画像のクリックで拡大表示]

 伝票の宛先と明細のように、複数のデータソースを操作するアプリケーションも作成できる。こういったアプリケーションは「モデル駆動型アプリ」と呼ばれる。複数のデータソースをそれぞれどのように利用するかを「モデル」として定義していくと、自動的にアプリケーションを作ってくれる。