企業が自社専用の5G(第5世代移動通信システム)ネットワークを構築できる「ローカル5G」。2019年に制度化され携帯大手の商用サービス開始に先駆けて登場したものの、当初は使用できる周波数が100MHz幅と狭かった。だが2020年12月にはローカル5Gで使える周波数幅が大幅に増加して合計1.2GHz幅となった。これに前後して無線局免許の申請やネットワークの設計・構築などを支援する企業向けのサービスや製品が相次ぎ登場した。ローカル5Gの本格導入に向けた環境整備が急速に進んでいる。