PR

コマンドプロンプトより高機能なPowerShell

 もう1つのPowerShellはコマンドプロンプトより高機能だ。Windows 7以降のWindowsに標準で搭載されている。

 PowerShellは、実行した結果をシェル上で定義した変数として格納できる。単純な数字や文字列だけでなく、Excelのような表形式のデータにも対応する。変数として格納したデータを別のコマンドで加工することができるので、複数のコマンドを組み合わせた高度な処理も可能だ。

 なおコマンドプロンプトとPowerShellでは、実行できるコマンドが異なる。またPowerShellで実行するコマンドは、厳密には「コマンドレット」と呼ぶ。

 コマンドプロンプトのコマンドとPowerShellのコマンドレットには似た機能を提供するものが多い。互換性を保つために、PowerShell上でコマンドプロンプトのコマンドも実行できるようになっている。

 ただし、コマンドプロンプトのコマンドをPowerShellのコマンドレットに置き換えて処理するため、実行結果が異なる場合がある。

Windows 10ではPowerShellが標準のシェルに

 Windows 10では、標準のシェルとしてPowerShellを採用している。このため、Windowsコマンドをコマンドプロンプトで実行しているユーザーは戸惑うことがあるかもしれない。

 マイクロソフトとしては、高機能なPowerShellに移行してほしいと考えているようだが、コマンドプロンプトのほうが動作が軽快だ。

 例えば、コマンドプロンプトの起動に1秒かからないようなコンピューターでも、PowerShellの起動には数秒かかることが珍しくない。前述したように、実行結果が異なる場合もあるため、Windowsコマンドを使うならコマンドプロンプトで実行したほうがよさそうだ。

 Windows 10でも設定を変更すれば、従来と同様にWindowsマークの右クリックからコマンドプロンプトを呼び出せるようにできる。

 設定画面から個人用設定を選び、その中のタスクバーを開くと、「コマンドプロンプトをWindows PowerShellに置き換える」という項目のスイッチがオンになっているはずだ。ここをオフに変更すれば、右クリックしたメニューからコマンドプロンプトを呼び出せるようになる。

Windows 10でデフォルトのシェルをコマンドプロンプトにする
Windows 10でデフォルトのシェルをコマンドプロンプトにする
[画像のクリックで拡大表示]

 この特集では、原則としてコマンドプロンプトを使った場合の画面で、Windowsコマンドの入力方法や実行結果を紹介する。