全1877文字
PR
今月の1本!

3/7 都水道局を装うフィッシング 300円割引で誘導する新手口

[画像のクリックで拡大表示]

 東京都水道局は、同局をかたったフィッシングメールが確認されているとして注意を呼びかけた。水道料金をクレジットカード払いにすると割引になると偽り、クレジットカード情報を詐取しようとしている。メールには、同局の会員サービス「東京水道マイネット」で水道料金のクレジットカード払いを申し込むと、最初の3カ月は料金が毎月300円割引になると書かれていた。

 同局になりすましたフィッシングメールは2021年12月以降相次いで見つかっている。同局が2021年12月1日、12月2日、2022年3月10日に出した注意喚起では、いずれも水道料金の支払いが滞っているため、料金を支払わなければ給水を停止するという内容だった。

https://www.waterworks.metro.tokyo.lg.jp/press/r03/press20220307-01.html

2/13 千葉市でコロナ陽性者の情報流出 管理職への報告メールを誤送信

[画像のクリックで拡大表示]

 千葉市は新型コロナウイルスの感染が判明した児童3人とその家族の名前、連絡先などを含むファイルを誤送信したと発表した。誤送信先のメールアドレスの利用状況は不明としている。写真:123RF

 同市が誤送信を把握したのは2月12日午後1時30分ごろ。生涯学習部生涯学習振興課の担当者が市のアフタースクールの運営事業者から、新型コロナの陽性が判明したアフタースクール利用児童2人の個人情報を含む「聞き取りシート」を受領。同日に出勤していなかった管理職に報告するため、管理職の私用メールアドレスに聞き取りシートを転送した。その際管理職にメールが届かなかったことから誤送信に気づいたとしている。このとき、2022年2月5日にも同様のミスによって、児童1人分の個人情報を誤送信したことが分かったという。

https://www.city.chiba.jp/somu/shichokoshitsu/hisho/hodo/documents/220213-1.pdf