全2193文字
PR

4/6 オンライン授業システムがダウン 人気講義の先着順受付が原因か

 立命館大学の教育支援システム「manaba+R」が2020年4月6日にアクセスしづらい状態になった。同大学法学研究科のWebサイトでは原因はアクセス集中によるものとし、しばらくたってから再度アクセスするよう呼びかけた。

 予想外のアクセス集中を招いたのは、ある人気講義の追加募集だった可能性がある。立命館大学新聞によれば、同日午後12時30分から午後5時の間に、ある講義の追加募集が先着順で行われたという。

 この講義は人気があるため、当初は受講できる学生を抽選で選んだ。だが定員に余裕ができたため追加募集が行われたようだ。今回は先着順で受講できることになったので、抽選に漏れた学生が我先にアクセスしたために障害につながったと考えられる。

http://www.ritsumei.ac.jp/gsla/info/detail/?id=43l

4/10 帯広市の公式Twitterでサングラスの宣伝を投稿される

 北海道帯広市は同市の公式Twitterに、あるメーカーのサングラスを宣伝する内容を不正に投稿されたことを明らかにした。

 不正な投稿があったのは2020年4月9日午後11時ごろ。同市が発表した午前8時54分までに該当の投稿は削除された。

 このようなTwitterへの不正な投稿は3月20日ごろから相次いでいる。4月7日以降、不正な投稿の件数は1日当たり1万件以上に上っている。

https://twitter.com/obihiro_city/status/1248399006243237890

4/17 インターネット経由でアクセス可能な端末が4割増加

[画像のクリックで拡大表示]

 マクニカネットワークスは、リモートデスクトップ(RDP)接続に用いるポートを公開している端末が4割以上増加したことをTwitter上で明らかにした。

 同社の調査によれば、2020年4月15日時点でインターネットに公開されていたRDP接続ポート数は10万1129個で、2019年6月18日時点と比較して41%増加していたという。2020年4月8日に7つの都府県で緊急事態宣言が出されたためにテレワークが増え、ポート数が急増したとみられる。

 公開されているポートの検索サービスを提供するShodanも3月末、世界規模でリモート接続の端末数は増加傾向にあると公表した。社内で使っていたパソコンを自宅などに持ち帰ってそのまま利用したために、意図せず公開しているケースがあるのではないかと同社は指摘している。

https://twitter.com/mncofficial2004/status/1251015859750879238

4/30 クリックポストサイトで証明書エラー 別サイトにリダイレクトされる被害も

 日本郵便は同社が提供するクリックポストサービスのシステムが1週間ぶりに復旧したことを明らかにした。Webサイトにアクセスすると証明書エラーが表示される場合があるとしていた。

 ところが証明書エラーの表示以外の現象が発生していた可能性がある。筆者のパソコンに証明書エラーが表示された後再度アクセスすると、クリックポストとは関係のない通販サイトが表示されたのだ。

 同社に確認したところ、別のサイトにリダイレクトされる現象が発生していたことを認めた。ただ原因については、2020年5月8日時点で調査中と回答した。