全1298文字
PR

 ネットワークに端末を接続しようとしたときに認証を実施し、あらかじめ登録しているユーザーの端末しか接続させないのがネットワーク認証だ。その際に使われる認証規格が「IEEE 802.1X」である。有線LANの認証にも使えるが、無線LANの認証に使うことが多い。

 無線LANで使われているWPAというセキュリティー規格には、家庭向けの「パーソナル」と企業向けの「エンタープライズ」がある(図1)。エンタープライズではIEEE 802.1Xによる認証が必須になっている。目に見えない電波でネットワークにつなぐ無線LANでは、どんな端末が接続されるか分からないからだ。

図1●企業向けの無線LANでは認証を実施する
図1●企業向けの無線LANでは認証を実施する
WPAは無線LANのセキュリティー規格で、家庭向けの「パーソナル」と企業向けの「エンタープライズ」がある。パーソナルでは共通のパスワードを知っていれば誰でも通信できる。一方エンタープライズでは登録されていないユーザーの端末は通信できない。
[画像のクリックで拡大表示]
▼認証を実施
EAP-TLSではデバイス認証、PAEPではユーザー認証になる。
▼WPA
Wi-Fi Protected Accessの略。
▼パーソナル
パーソナルでは共通のパスワードを知っていれば誰でも通信できるため、企業の無線LANには適さない。