全4109文字
PR
ケーブルテレビ事業者が10Gビット/秒対応FTTHサービスの提供開始に向けて通信速度を測定した。だが測定装置でエラーが発生して測れない。測定できた場合でも想定した速度が出ない。調査の結果、測定装置のファームウエアにバグがあり、設定にもミスがあることが判明した。

 ネットワークを構築したり更改したりする際、想定した通信速度を実現できているか確認するのは重要だ。実現できていない場合、管理者はネットワークに原因があると考えて調査を開始することになる。ところが、調査の前提としている通信速度が正しく測定できていない場合もあり得る。つまり測定装置に問題がある場合だ。今回紹介するのはまさにそうした事例だ。

10G対応FTTHの検証でトラブル

 今回のトラブルの舞台は、松阪ケーブルテレビである。同社は三重県松阪市を中心にテレビやインターネットなどのサービスを提供しているケーブルテレビ事業者だ。ユーザーにFTTHサービスを提供するためのネットワークでトラブルが発生した。

 同社は現在1Gビット/秒のFTTHサービスを提供しているが、2021年には一部の地域で新たに10Gビット/秒のサービスを開始する計画だ。そのため新サービスに対応した機器を導入して動作を検証することにした。

 ここで同社のFTTHサービス向けネットワークの構成を見てみよう。ネットワーク全体を束ねるコアスイッチは松阪ヘッドエンドに置かれている。ヘッドエンドにはそのほか、サーバー群や管理コンソール、上位のインターネットに接続するためのBGPルーターなどがある。

トラブルの舞台となったFTTHサービス向けネットワークの構成図
トラブルの舞台となったFTTHサービス向けネットワークの構成図
大台サブセンターと宮川サブセンターに置いたONUの先に測定装置を取り付け、それぞれの間で通信速度を測ろうと試みた。ところが相手の測定装置を認識せず、測れなかった。
[画像のクリックで拡大表示]

 FTTHサービスを提供するための設備はサブセンターにある。FTTHでは、センター側にOLT、ユーザーの家庭にONUという終端装置をそれぞれ置き、その間を光ファイバーでつなぐ。松阪ケーブルテレビのサービスエリアは広く、FTTHによる通信距離は最大20kmを超える。そこでサブセンターを設けてOLTを設置。通信距離を延長しているという。