サイバー攻撃などを実行して自らの主張を知らしめる抗議活動を行うアノニマスに、新しい動きがありました。一つは、「OpNuke」(オペレーションヌーク)という新しい抗議活動が始まったこと。もう一つは、老舗の抗議活動「OpKillingBay」(オペレーションキリングベイ)において2017年度の標的リストに追加があったことです。OpNukeは、標的が主に原子力発電所やその関連組織であるため、国内でも複数の施設が対象になっています。そのため一部の政府機関では、彼らの動きを注視していたようです。

この記事は有料会員限定です

「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!