PR

 「libssh」というライブラリ(ソフトウエア)の公式サイトは2018年10月16日、libsshに脆弱性が見つかったと発表しました。NISTが運営する脆弱性のデータベース「National Vulnerability Database」では、脆弱性を評価するCVSSの基本評価基準を9.1、危険度を最悪の緊急(クリティカル)としています。

この記事は有料会員限定です

「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料