全4826文字
PR

ネット君 IPv4のアドレスを「192.168.1.0/24」みたいに書くのをCIDR表記っていうじゃないですか。何ですか、これ。

インター博士 では、今日はCIDRとそれに関連する話をしよう。

 当初、IPアドレスはクラス(class)という概念で分類され、各組織に割り当てられていた。そこで、まずはクラスについて説明しよう。

 IPアドレスは32ビットの数値で、ネットワークを特定するためのネットワーク番号(ネットワーク部)と、ホストを特定するためのホスト番号(ホスト部)で構成される。IPアドレスの先頭のビット列とネットワーク番号のビット数でIPアドレスを分類するのがクラスである。

ネットワークの大きさで分類

 クラスはAからEまである。ただしクラスDとクラスEは特定の用途に予約されていて、実際に使えるのはクラスAからクラスCまでだ。

 例えば、クラスAは先頭ビットが「0」でネットワーク番号が8ビットのIPアドレスが該当する(図1)。それぞれのネットワークのホスト番号は24ビットなので、約1600万のIPアドレスを持つことになる。

図1●「クラス」よるIPアドレスの分類
図1●「クラス」よるIPアドレスの分類
IPv4のIPアドレスは「クラス」という概念で分類されて各組織に割り当てられていた。クラスによって先頭ビットとネットワーク番号のビット数が異なる。
[画像のクリックで拡大表示]

 だが実際には、クラスAやクラスBのネットワークをそのまま使うことはほとんどない。通常はネットワークを分割して使用する(図2)。ネットワークを分割して作られるネットワークはサブネットと呼ばれる。

図2●サブネットマスクでネットワーク番号とホスト番号を判別
図2●サブネットマスクでネットワーク番号とホスト番号を判別
クラスAやクラスBのネットワークは、複数のサブネットに分割して利用する。分割したサブネットのネットワーク番号とホスト番号はサブネットマスクで判別する。
[画像のクリックで拡大表示]

 ネットワーク管理者はネットワーク番号のビット数を増やすことでネットワークを分割する。ネットワーク番号のビット数を増やせばホスト番号のビット数は少なくなり、1つのネットワークに含まれるホストの数は少なくなる。例えばクラスBのネットワーク番号は16ビットだが、18ビットにすることで4つのサブネットに分割できる。

 分割されたネットワークは、IPアドレスを見ただけではどこまでがネットワーク番号なのかが分からない。それを判別するために使われるのがサブネットマスクである。IPアドレスのネットワーク番号のビットを1、ホスト番号のビットを0にした32ビットの数値である。