全4826文字
PR
▼CIDR
Classless Inter-Domain Routingの略。
▼IPアドレス
今回の記事では、「IPアドレス」はすべてIPv4のアドレスを意味する。
▼ネットワーク番号
プレフィックスやアドレスプレフィックスとも呼ぶ。
▼特定の用途
クラスDはマルチキャスト用、クラスEは研究用などに予約されている。
▼ルーティング
ネットワークにおいて、パケットを転送する経路を見つける仕組みや処理のこと。経路制御とも呼ばれる。
▼インターネットレジストリ
IPアドレスの管理を委任されている組織。組織はIANA(Internet Assigned Numbers Authority)を頂点とした階層構造になっている。IANAは特定の地域に属することなく、全世界のIPアドレスを管理をする。その配下に地域単位で管理する「RIR(地域インターネットレジストリ)」、さらにその下にLIR(ローカルインターネットレジストリ)と呼ばれるレジストリが存在する。一部の国においては国単位でアドレス管理を行うNIR(国別インターネットレジストリ)が存在する。日本のNIRは日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)である。
▼1つのネットワークにすることだ
集約によってまとめられたネットワークはスーパーネット、集約によって1つのネットワークにまとめることをスーパーネット化と呼ぶこともある。
▼ルーティングテーブル
ルーティングのためにルーターが保持している表。ある宛先にパケットを送りたい場合、次にどのルーターに転送すればいいのかが記載されている。経路表や経路制御表ともいう。
▼経路集約
ルート集約とも呼ぶ。
▼TTL
Time To Liveの略。パケットの有効期限であり、通常は転送回数の上限値。TTLの値はルーターを通過するたびに減っていき、0になると廃棄される。これにより不正なパケットが経路上に残り続けるのを防ぐ。
▼ヌルインターフェース
ヌルは「null」で「何もない」といった意味。