全5544文字
PR

ネット君 メールはオワコンなんて言う人もいますが、まだまだ使われていますよね。

インター博士 ビジネス用途では特にな。

ネット君 メールで迷惑なのが、文字通り迷惑メール。迷惑メールって、なくならないですねぇ。

インター博士 日本データ通信協会の調べによると、2020年中にやりとりされた全メールの5割が迷惑メールだそうだ。

ネット君 半分ですか…。

インター博士 10年くらい前は7割が迷惑メールといわれていたから、それに比べれば減っているがな。

 迷惑メールとは、受信者の意図にかかわらず勝手に送られてくるメールの総称である。

 迷惑メールが後を絶たない理由の1つは、メールの送信に利用するプロトコルであるSMTPに認証機能がないことだ。SMTPを実装するメールサーバーは、誰から送られてきたメールであっても宛先のメールサーバーにメールを送信する(図1)。つまり正規ユーザーになりすまして、迷惑メールを送れてしまう。

図1●メールのプロトコルSMTPにはユーザー認証機能がない
図1●メールのプロトコルSMTPにはユーザー認証機能がない
メール送信のプロトコルであるSMTPはシンプルであり、ユーザー認証の機能がない。そのためメールサーバーは、迷惑メール送信者からのメールであっても、正規ユーザーからのメールと同様に送信するし、受信する。
[画像のクリックで拡大表示]

ネット君 どうやって迷惑メールを防ぐんですか?

インター博士 メールの歴史は迷惑メールの歴史と言っても過言ではない。そのため様々な対策が考え出され利用されている。

 迷惑メール対策には、ユーザーのメールクライアント側で実施する対策と、組織やインターネット接続事業者(ISP)が運用するメールサーバー側で実施する対策がある。

 前者の一例がメールクライアントでのフィルタリングだ。受信したメールの送信元アドレスや件名、本文に含まれている単語などをチェックして、迷惑メールと判定した場合には特定のフォルダーに振り分ける。

 今回取り上げるのは後者のメールサーバー側で実施する対策である。組織やISPなどが実施している代表的な対策をいくつか紹介しよう。