全4215文字
PR

ネット君 DHCPって謎ですよね。

インター博士 どこがかね?

ネット君 IPアドレスが自動でぱぱーって配布されるんですよ。不思議じゃないですか。

インター博士 不思議かなぁ。決められた通りにうまくやっているだけだよ。

 DHCPはIPアドレスなどの設定情報を配布するプロトコルである。IPアドレスを配布するプロトコルのBOOTPを拡張して作られた。そのためDHCPはBOOTPと同じUDPを使う。ポート番号も同じでサーバー側は67番、クライアント側は68番を使用する。

IPアドレスをプールする

 DHCPではサーバーが配布用のIPアドレスを保持する。保持しているIPアドレスの範囲をアドレスプールと呼ぶ。DHCPサーバーはクライアントから要求されると、このプールから任意のIPアドレスを配布する(図1)。

図1●DHCPサーバーはアドレスプールにあるIPアドレスを配布
図1●DHCPサーバーはアドレスプールにあるIPアドレスを配布
DHCPサーバーはアドレスプールの中から選んだIPアドレスをクライアントに配布する。アドレスプールにある特定のIPアドレスは配布しないようにすることや、特定のMACアドレスのクライアントに指定したIPアドレスを配布することもできる。
[画像のクリックで拡大表示]

 アドレスプールの範囲内であっても、特定のIPアドレスは配布しないように除外することや、特定のMACのクライアントに、指定したIPアドレスを配布することもできる。

 また配布するIPアドレスには使用期限を設定できる。この期限のことをリース期限と呼ぶ。リース期限を過ぎると該当の機器はそのIPアドレスを使えなくなる

 IPアドレス以外の設定情報を配布できることもDHCPの特徴だ。配布できる設定情報はオプションと呼ばれる(図2)。デフォルトゲートウエイやDNSサーバーのIPアドレス、サブネットマスクが代表的だ。そのほか前述のリース期限やドメイン名(DNSサフィックス)、NTPサーバーなどもオプションとしてIPアドレスとともに配布できる。

図2●オプションでIPアドレス以外の設定情報を配布
図2●オプションでIPアドレス以外の設定情報を配布
DHCPではIPアドレス以外の設定情報も配布できる。DHCPサーバーはIPアドレスとともにオプションのコードと設定値をクライアントに送信する。
[画像のクリックで拡大表示]

ネット君 オプションですか。いろんな設定情報を配布できるのは便利ですね。

インター博士 そうだな。DHCPサーバーで設定を変更すれば、クライアントの設定を一括で変えられる。