PR

 NTTドコモは2018年3月期決算を発表した。売上高は前期比4.0%増の4兆7694億円、営業利益は同3.0%増の9733億円と増収増益だった。主力の通信事業は顧客還元の影響などで前期並みの営業利益にとどまったものの、サポートやコンテンツ、金融・決済などで構成する「スマートライフ領域」が増益に貢献した。

この記事は有料会員限定です

「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する