全3779文字
PR

8/25 ドコモが競合2社の4G転用サービスにけん制 「なんちゃって5G」は優良誤認の恐れ

[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは5G(第5世代移動通信システム)に関する説明会で、KDDI(au)やソフトバンクが2020年秋以降に始める計画の4G周波数帯の5Gへの転用について「周波数の幅は変わらないため速度は4Gと同様であるほか、4Gユーザーの通信速度が低下する可能性がある」(ネットワーク部技術企画担当部長の中南 直樹氏)と主張した。4G周波数帯を5Gに転用することで5Gの対応エリアを早期に大幅拡充するというKDDIとソフトバンクの戦略に対し、実態を伴わない「なんちゃって5G」になりかねないとして、けん制に出た格好だ。

 中南氏はドコモの5Gのエリア展開について、当面は総務省から割り当てを受けた5G向け周波数帯を使ったエリア整備を先行する考えを改めて表明。既に2020年6月末、全都道府県に1局以上の5G基地局を整備したほか、2021年3月末に全政令指定都市を含む500都市に広げ、同年6月末には1万局、2022年3月末には2万局を整備する予定だ。10km四方のメッシュ単位で、5G基地局が存在するメッシュ数を数える「基盤展開率」については、2023年度中に97%を実現するとした。

 そのうえでKDDIとソフトバンクが計画している4G周波数帯の転用については「5Gスマホを買って5Gエリアに入っても体感速度が向上せず、優良誤認になる恐れがある」(中南氏)と指摘。消費者向けに公開しているエリアマップにおいて、5G向けの周波数帯によるサービスエリアと4Gから転用した周波数帯のサービスエリアを塗り分け、周知すべきだと主張した。

8/20 IIJが月額480円の格安SIM 「業界最安級」うたう

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は個人向けSIMサービス「IIJmio」に新プランを追加した。

 料金はデータ通信の容量が1Gバイト付いた従量制プランがSMS機能付きで月額480円(税別)。音声機能付きで1180円(同)。同社は「業界最安級」と位置付ける。

 データ量は1Gバイトを超えると、1Gバイトごとに200円(同)で1カ月当たり最大20Gバイトまで拡張できる。拡張せずに設定したデータ量に達した場合は低速通信に切り替える機能も提供する。毎月のデータ利用量が3Gバイト以下の人や、テレワークなどで月々のデータ利用量の変化が大きい人を主なターゲットとする。

8/26 KDDIが新形態の店舗を開設 セルフで機種変更

 KDDI(au)は直営の携帯電話販売店「auみなとみらい」で新たな機種変更サービスを導入した。契約者が手続きに必要な情報を手持ちのスマートフォンで入力することで店頭での待ち時間を減らし、顧客の不満軽減を図る。

 auみなとみらいの改装オープンに合わせて今回のサービスを導入した。契約者は来店前に機種や料金プランなどの情報を入力しておく。店頭では契約者が自身で専用端末を操作して入力済みの情報を再確認し、スタッフから新たなスマホを受け取る。もし不明な点があればその場で対応を受けられる。

FROM EDITOR
携帯電話サービスの気になるニュースをピックアップした。「なんちゃって5G」は4G周波数帯を使って提供する5G端末向けサービスを指す。総務省が転用を認めるとみられ、2020年後半のホットキーワードになりそうだ。このほかIIJの格安SIMに追加された480円プランが話題になった。1Gバイトのみのデータ通信プランだが、データ量を200円で1Gバイトずつ増やせる点や複数のSIMカードで共有できる点が評価されているようだ。

(齊藤)