全2340文字
PR

 国立情報学研究所(NII)は、学術向け基幹通信網「SINET」を6年ぶりに刷新した。拠点間の帯域を従来比4倍の400Gビット/秒に拡張したほか、5G(第5世代移動通信システム)への対応で足回りも強化した。大容量データをリアルタイムで研究に活用するニーズに応える狙いがある。

 「SINET6の最大の変化点はデータ基盤への接続だ。大容量データがネットワーク上を自然に流通するようになる」――。2022年5月30日に開催された開通式において、NIIの所長である喜連川 優氏はこう述べた(図1)。

図1●「SINET6」の開通式を開催
図1●「SINET6」の開通式を開催
2022年5月30日、東京都千代田区の一橋大学一橋講堂でSINET6の開通式を開催した。写真右は開通式で登壇した国立情報学研究所 所長の喜連川優氏。
[画像のクリックで拡大表示]

 喜連川氏が強調したのは、同研究所が2021年に稼働させた研究用データの管理基盤である「NII研究データ基盤(NII-RDC)」にSINETから高速にアクセスできるようにした点(図2)。NII-RDCは、研究データの管理基盤(GakuNin RDM)、公開基盤(JAIRO Cloud)、検索基盤(CiNii Research)の3基盤から構成されている。

図2●NIIデータ管理基盤に高速アクセス
図2●NIIデータ管理基盤に高速アクセス
SINET6を経由したアクセスの全体像。SINET6を利用することで、NIIデータ管理基盤(学術情報クラウド基盤)に高速にアクセスできるようになる。(出所:NII)
[画像のクリックで拡大表示]

 この背景には、大学や研究機関で巨大なデータをリアルタイムで活用するニーズが高まっていることがある。これに応えるためSINET6では、「超高性能」と「高信頼」という以前から掲げるコンセプトに磨きをかけたという。