全1615文字
PR

 NTT西日本の光回線で2022年8月25日、12府県の一部回線が途絶した。直接の原因は光伝送装置の故障だが、暫定で用意した装置の帯域不足により全30府県の一部回線に速度低下が波及。全面回復までに約5時間を要した。

当初は最大63万回線が途絶

 同社は8月29日に記者会見を開催し通信障害の経緯を明らかにした。通信障害はフレッツ光ネクスト/ライト/クロスのIPoE方式によるインターネット接続網で、8月25日の午前8時57分に発生。午前9時45分までの48分間、兵庫県や京都府など12府県の一部に当たる最大63万回線で、インターネットにつながらなくなった。

 午前9時45分以降はつながるようになったものの、通信速度が通常より遅いなど通信しづらい状態となった。影響範囲も西日本全域の30府県の一部、最大211万回線(当初の63万回線を含む)に広がった。

 つながりにくい状態は、午後2時44分に回復するまで最大4時間59分続いた。フレッツ光以外のIPoE接続以外でも、PPPoE接続やひかり電話、フレッツ・キャストの一部契約者が、光伝送装置の故障やルート切り替えに伴い一時つながらない、またはつながりにくい状態となっていた。なお、「インターネット接続事業者(ISP)の中には各府県の相互接続点(POI)を介して接続しているケースもあるため、フレッツ光のIPoE接続の全ユーザーが影響を受けたわけではない」(NTT西日本広報)としている。

「装置内2重化」が共倒れ

 最初の障害は大阪府の局舎内にある光伝送装置で発生。同装置に収容されていた全国ルーターの現用系-待機系間経路、全国ルーターと12府県の集約ルーターの各現用系間経路、12府県の集約ルーターの現用系-待機系間経路が途絶した(図1)。

図1●光伝送装置の故障で複数経路が途絶
図1●光伝送装置の故障で複数経路が途絶
光伝送装置の故障により、同装置に収容されていた複数の経路(×印の経路)が途絶。一方、顧客宅からインターネット接続事業者までの通信が問題なくできていた地域もあったので、待機系に自動的には切り替わらなかった。図はNTT西日本の資料を基に作成した。
[画像のクリックで拡大表示]

 故障した光伝送装置は1台で、内部の制御部のみ2重化していたが、双方の制御部が同時に故障したという。「制御部が2重化されていれば、光伝送装置の故障率からしてさほど問題ないとみていた。ベンダーからも初めて起きた故障事例と聞いており、レアなケースだと理解している」(NTT西日本サービスエンジニアリング部ネットワーク設備部門長の釡江 卓也氏)。

 一方この際、全国ルーターと12府県以外の集約ルーターとの間では経路が生きていた。このため「ISP側からは現用系の全国ルーターが正常に機能しているように見えたことから、待機系への自動切り替えは発動しなかった」(釡江氏)。