PR

 NTTドコモは9月10日、同社のポイントサービス「dポイント」で一部の会員を利用停止にした。理由は、dポイントの不正利用が見つかったからだ。NTTドコモによれば、不正利用の原因はローソンのWebサービス「ローソンIDサイト」への不正ログインだという。ローソンIDサイトとdポイントは連携しているため、ローソン側からdポイントのカード番号が漏洩した。NTTドコモが利用停止にした会員は、ローソンIDサイトでdポイントと連携していた3万5000人。利便性を高めるためのサービス連携が、裏目に出たといえる。

この記事は有料会員限定です

「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い